キャッシングの一般化

キャッシングとは借金であり、多かれ少なかれ抵抗があるものです。しかしながら計画的に使えば急な出費にも対応できるため、近年ではこのキャッシング自体も市民権を得て、契約出来るのは1つのステータスにもなっています。

Read more »

注意点

気軽に申し込めるカードローンですが、利用する際に注意しなければならないことがあります。利用する前に、カードローンの注意点を把握しておきましょう。把握しておくと、スムーズに申し込みができます。

Read more »

申し込みの方法

キャッシングを申し込む際は窓口に行くのに抵抗があるという方もいるでしょうが、必ずしも窓口に行く必要はなく、自動契約機で申し込みをすることが可能な場合もあります。特に消費者金融ではこのタイプが充実しています。

Read more »


事業者のためのローン

資金不足に陥った時に便利な事業者ローンについて知っておきましょう。資金調達方法は多ければ多いほど経営が安定します。

自営業者、個人事業主の方が事業資金調達をしたいとなると開業年数が1年未満であると確定申告書などがまだないため審査書類の段階で落ちてしまいます。そうなると審査基準の甘い消費者金融のカードローンなどがあります。しかし、消費者金融カードローンで最大500万円まで融資といってもそれは正社員向けの限度額であり、自営業者となると最大で100万円までと限度額の上限があらかじめ決められているのが現状です。収入が不安定と見られがちなためあまり大きい限度額を融資ができないのです。そのため自営業者が申込みをするのであれば事業者ローンに申込みをすることです。事業者ローンであれば事業主専用のローンですのでカードローンよりも大きい金額が借りれる可能性もあります。

消費者金融でも事業者ローンは取り扱っています。事業性融資ですので、個人的なことに使うことはできないのですが、準備する書類としては確定申告書や事業を証明するものが必要になります。例えば、営業許可証や代理店許可証、請求書または領収書、発注書など事業を証明するものです。銀行の審査と違って消費者金融の事業者ローンが審査がはやく最短即日で融資を受けることができます。銀行だと時間がかかりますが、消費者金融の事業者ローンであれば、急な資金需要に対応ができますので、ビジネスチャンスを逃さずにすみます。そして、今週中に取引先への支払いがあるが売掛金が入ってくるのがまだ先となると、それまでのつなぎとしても融資を受けることができます。